ベランダにはウッドパネルがいいですよ~っておすすめしてました。

ベランダバルコニー床はウッドデッキdiyか人工芝?掃除法と日よけネットもご案内

ところが、ウッドデッキは気持ちがいいんだけど、めくりながらする掃除が思ったより大変。という声が結構多いです。

なので、今回はベランダ床そのものを樹脂製のシートに変えてしまいましょうというお話です。色柄によっては部屋の一部のような素敵な空間になります^^

ベランダ床材は樹脂製のシートでまるでお部屋?敷くだけで掃除も楽々

まずは樹脂製のベランダシートを紹介しますね。

 

塩化ビニル樹脂製のシートで、ベランダやバルコニー、屋内にも敷けます。
部屋と同じ色柄にすれば、これから窓を開ける時も多い季節になりますので部屋続きのようで広々感が出ますよ^^
もちろんベランダのみでも雰囲気がかなり違ってきます。

ベランダ床樹脂製リフォームシートのここが良い!

本格的に施工する場合は接着剤や両面テープで貼ってしまうのですが、賃貸では難しいので「敷くだけでもすべらない」塩化ビニル樹脂製シートなので、本当に敷くだけで大丈夫です。

:敷くだけでもずれない・滑らない

:水や汚れに強い

:掃除は掃く、拭くだけなので簡単

:ベランダカフェ気分が味わえる

:ウッドデッキより軽くお手軽

:きれいに拭けば裸足でも座ってもOKなのでベランダアウトドア気分になれる(今の時期に嬉しい♪)

デメリットが見つからないくらいです。

強いてデメリットを上げるなら、価格とカラバリがもっと欲しいってくらいです。長く使うならこの価格でも文句はないですけどね^^;

それより大雨のときにシートの下に雨が入り込まないか心配ですね。そのほうが怖い・・・。

両端だけ両面テープで留めれば水分の侵入が防げますよ

それでも心配なら4辺の端だけコーキング剤を塗っておけば尚更安心です!端っこだけなのでコーキングもチューブから出せばよい簡単なもので大丈夫ですね♪

ベランダ床材は樹脂製のシートでまるでお部屋?敷くだけで掃除も楽々まとめ

カッターで切れるので、サイズを合わせて敷くだけ。こんな簡単にベランダアウトドアが楽しめるなんて最高です!

晴天の日はサンルームにもなりますね。自分仕様にくつろげる場所になればベランダの広い狭いは関係ないです。お茶が飲めて時には座って本を読んだり音楽を聴いたり、ひとり分のスペースがあればOK!!