↓いわゆる「カベピタ」といって、浴槽が壁にピタっとつくので、バランス釜の幅分浴槽が広くなります。

バランス釜からホールインワン式の風呂釜、浴槽にかかる費用は交換単体工事のみでおおよそ相場は200,000万~280,000万円です。(解体撤去費・配線工事も含まれます)

機種によっても違いますし、お風呂場の形態によっても違ってくるので料金にも幅があります。

そして、この料金は単にバランス釜からホールインワン給湯器と浴槽の交換のみで、浴室全体のリフォームもご希望の場合は料金は上乗せになります。

ホールインワン給湯器に交換するのは正直メリットしかありません。

:リモコン操作でお湯が出たり追い炊きできるの温度調節が簡単!(バランス釜は自分で微調節が必要)

:ホールインワン浴槽は壁ピタサイズに交換のためバランス釜の幅の分広くなってゆったり入れる

住居や浴室の形態によってはホールインワンに交換できない場合もあります。

 

     \無料で一括見積!利用者の口コミで業者が判断できるホームプロで/
ホームプロ

詳しく説明しますね

 

 

バランス釜からホールインワンに交換は可能?不可?を解説

バランス釜からホールインワン式風呂に交換可能

賃貸集合住宅の場合

団地やアパート、マンションなどのバランス釜の給排気口が以下の画像↓のように壁の穴から突き抜けている場合は交換可能です。

壁から出るタイプでないと、ホールインワン式にするのに壁に穴を開ける必要があります。賃貸団地やアパートマンションでは、管理会社や大家さんからはほぼ新しい穴あけの承諾が得られないです。

自己負担だからいいのでは?と思うかもしれませんが所有者は管理会社や大家さんですので勝手にはできないのです。

分譲マンションでも個人の建物ではないので難しいですね。

以下の画像の形態、もしくは戸建て持ち家の方でしたら穴あけは自由ですのでバランス釜からホールインワンへの交換は可能です。

賃貸集合住宅の方はあらかじめ管理会社または大家さんに許可をいただいてくださいね。

バランス釜からホールインワンへ交換リフォームにかかる施工時間

バランス釜からホールインワン給湯器にする場合、撤去作業も含め1日で工事は終わります。

浴槽が現在使用中のものよりサイズが大きくなりますので、扉から出し入れが難しい場合は扉も交換になるかもしれませんのでその場合はあと数日かかります。

*バランス釜のときは浴槽もバランス釜の高さと揃っているので深めですが、ホールインワンの場合は高さは低めになるので、間口が80㎝あれば入りそうです。

バランス釜からホールインワン(壁貫通型給湯器)に変更のメリットとデメリット

ホールインワン(壁貫通型給湯器)に交換するメリット

:浴槽が約20㎝ほど長くなるのでゆったりする

:浴槽が7~8㎝低くなるのでまたぐのが楽になる

:温度調節がリモコン式で楽々

:見た目もきれい

:自動足し湯や予約運転も出来て高機能

ホールインワン(壁貫通型給湯器)に交換するデメリット

:配線工事があるので電源が必要になる

:電気配線があるので停電時は使えなくなる(その点バランス釜は電気が必要ないので停電時も入浴可能です)

       \無料で一括見積!利用者の口コミで業者が判断できるホームプロで/

ホームプロ

バランス釜からホールインワンユニットバス給湯器(浴槽)へ交換メリットや費用と時間も解説まとめ

やはりホールインワン式のほうがメリットは多いですね。

今の住居に長く住む予定でしたら、操作もリモコンで楽々のお風呂に替えることも検討してみるとよいですね。

浴室全体のリフォームでなければ比較的安価なリフォームの部類になります。毎日疲れをとるお風呂ですので、使い勝手がよく広々してるのはいいですね^^>