窓用エアコンも放っておくと内部にホコリが溜まって悪臭やカビの原因になりますので、自分で出来る範囲はときどき掃除をしましょう。 冷気の効きも悪くなりますので定期的な掃除は大切です。

でも。市販の洗浄スプレーは絶対に使わないでくださいね

理由はのちほど説明します。

他にも気をつけなければいけないことや、オフシーズンでも窓についたままですので、保管の仕方もお伝えしていきます。とにかく内部を乾燥させておくことが一番大事です。

窓用エアコンの掃除のやり方は?洗浄スプレー使っても大丈夫?

窓用エアコンを自分で掃除出来る場所

自分で掃除するのは出来れば月2回くらいがおすすめです。

表面カバーの拭き掃除

カバーの部分はプラスチックですので、ほこりをとったり、普通に拭き掃除をしても大丈夫です。

フィルターの掃除

フィルターは取り外して自分でも掃除ができるので、掃除機でほこりを吸い取ってください。

洗うこともできますので、水洗いしたあとは充分乾燥させてから戻してください。

風邪が出てくる吹き出し口もふき取る程度ならば問題ないです。

窓用エアコンの掃除に洗浄スプレー使っても大丈夫?

内部に市販の洗浄スプレーは絶対にしないでください。故障や水漏れの原因になります。

香りのスプレーも同様です。とにかくスプレー類は乾燥しにくく水漏れの原因になるので避けてくださいね。

窓用エアコンの内部の掃除はどうすればいい?

実は、壁かけエアコンよりも内部が精密なのが窓用エアコンなんです。

なので。。。

エアコンクリーニング業者さんも苦手で受けてないところが多いようです。

通常の壁かけエアコンに比べると分解に時間がかかって、さらに故障のリスクが高くなるのでクリーニング料金も高くなります。

業者にもよりますが、新しいエアコンを買ったほうが安くなることもあるんです:(;゙゚”ω゚”):

壁かけエアコンと違って、本体ごと外す必要がありますし、横にすると水漏れの原因になるので立てたままの掃除となります。

動画のように内部の細かい部品の掃除が故障のリスクを高めてしまいます。

もちろん受けてくださる業者さんもありますのでまずは相談すると良いですね。

通常はフィルターをこまめに掃除して、古くなったら交換して「乾燥機能」を使って内部をよく乾燥さえておけば長持ちします。

冷えが悪くなってきたり、悪臭がしてきたら、クリーニングしてもらうか料金によっては新しい窓用エアコンを購入するか決めるといいですよ。

本体もそこそこの値段ですし、クリーニング代がそれ以上では意味ないですしね^^;

窓用エアコンのオフシーズンの保管方法

夏が終わってもう使わないかなって思ったときに、上記のような拭き掃除、フィルター掃除、吹き出し口の拭き掃除、完璧な乾燥を終えることが大事です。

使用年数によってはお使いのエアコンメーカーと型番と同じフィルターを注文して交換するのも効きをよくするためにおすすめです。

フィルター交換目安は、真っ黒になって洗っても臭いが残ったり表面がざらついたときがおすすめです。

そして、本体に布やビニールなどをかけてカバーしておけばほこりも入らず次期も気持ちよく使えますよ♪

 

ユアマイスターさんでは窓用エアコンクリーニングを行っている業者さんもいますので相談してみてはいかがでしょうか。

長く使いたいときは料金と相談の上で依頼するのもいいかもです。

エアコンクリーニングはプロにおまかせ!【ユアマイスター】


窓用エアコンの掃除のやり方は洗浄スプレー使っても大丈夫?オフシーズンの保管方法も解説

窓用エアコンは自分で手軽に取付けられる反面、クリーニングでは故障リスクが高いのです。メリットもあればデメリットもって感じですよね。

安価な業者さんが見つかればお願いしたいですね。