築年数が古い団地では、網戸用レールがない建物もあります。新たに網戸レールを取付けするのにも、住宅公社または公団の許可が必要になるし、安い業者さんでも網戸1枚が約2万円前後なので、レールからとなると更に費用がかかります。

じゃ、自分でdiyで出来る?と挑戦する方もいますが、網戸のレールからとなるとかなり技術がいるので難しいです。

よほど技術がある方は出来そうですが、そうでなければ止めておいたほうが無難です:(;゙゚”ω゚”):

しかも退去時は外して現状回復しないといけないので面倒です。

とはいえ、エアコンをつけた部屋でも換気は必要ですので、窓を開けないといけないですよね。

でも諦めないでください!網戸の代わりになるものはありますよ♪

網戸の代用になるアイテムを使えば、本物の網戸までとはいかなくても、虫よけ対策としてはかなり効果がありますのでご紹介しますね。

団地に網戸用レールなしdiyで取付けできる?安価な虫よけ代用品も紹介

吐き出し窓や玄関のマグネット式簡易網戸

ベランダに出る吐き出し窓は洗濯物を干したり部屋の換気をしたりと、一番使用頻度が多く、蚊やカメムシも入ってくるので、簡易的な網戸でもないよりはずっと安心です。

両面テープと鋲が付属で入っているマグネット式網戸です。ピンと張るものではないので「虫よけカーテン」の進化版と思っていたほうがよさそうです。


網戸レールがないお宅では、重宝しているのでもっと早く買えば良かったという口コミが多いです。

ベランダへの出入りは中央部がマグネットなのでそこから出来ます。マグネットは自動で閉まるのでストレスがないですよ^^
下の裾部分は留めることができず、風が強い日はフワフワしてしまうので工夫して鋲やテープなどで留めてしまうのもいいかもしれません。

サイズは窓を開けたときに隙間ができてしまうので窓より少し大きめのを選んだ方がいいです。

トイレや浴室の小窓の簡易網戸

古い団地にのトイレやお風呂の窓には、網戸は付いていません。

湿気が一番多い場所ですので、ぜひとも開けっ放しにしたいですよね。それにはやはり虫除け対策として網戸的なものは必須です!

小さい窓でしたら網戸の網だけ購入してカットして、強力両面テープで留めてしまうだけでも全然OKですよね^^

通路から見えるからちょっとでも見栄えが良いほうが・・・って方におすすめなのはマグネット式の小さい版です^^

貼るだけ簡単♪ 交換も楽々ですね。
車の窓にも使えますよ。キャンプ場とかで虫よけ対策バッチリですね!
*お住まいの団地の許可がもらえたり、引っ越す予定のない方は思い切って網戸レールと網戸本体を取り付けられます。
 取付け業者をお探しなら全国に数多い優良業者が揃っている暮らしのマーケットに依頼するといいです。

虫よけ対策カーテン

簡易網戸も面倒って方は、虫よけカーテンを使うという方法もあります。
カーテン自体に虫よけ対策が施されているので、いつものレースのカーテンを虫よけ対策カーテンに替えるだけです。


団地に網戸用レールなしdiyで取付けできる?安価な虫よけ代用品も紹介まとめ

蚊も嫌ですけど、我が家は昨年の夏にカメムシが大量発生したんです。洗濯物たたむたびに、くっついてて・・。
どうやら柔軟剤のニオイがお好きらしく洗濯物に大量にくっついていたのです。なので今年は柔軟剤は使ってません。そしたら来なくなりました。
カメムシが嫌いそうな香りですけどね、不思議ですね。。