エアコン1台で2部屋を冷やすにはサーキュレーターが便利!効率的な使い方も解説

諸事情でエアコンが1台しかないお宅もサーキュレーターを上手に利用すれば2部屋同時に涼しくすることが出来ます。

空気を循環してくれるサーキュレーターって想像以上に良い仕事をしてくれるんです。エアコン1台で2部屋をサーキュレーターを使って効率的に冷やす方法をお伝えします。

:古い公営団地やアパートで壁かけエアコンが1台しか取付けできない

:窓用エアコンやスポットクーラーの設置もできない部屋

:間仕切りを外せば広い1部屋になるので2台はいらない

:子供が夏休みの間はつけっ放しになるので少しでも節電したい

:引越し予定があるのでエアコンは1台でよい

↑上記にあてはまるお宅向けの記事になります。参考にしてみてください。

2千円台で買える「アイリスオーヤマ サーキュレーター」

私は部屋の雰囲気に合わせてブラックを買いました。コロンとしてかわいいです(・∀・)

強にすると物凄いパワーだけど音も少し大きいかな。敏感な方にはうるさく感じるかもです。

*ホワイトとブラックの2色から選べますよ♪


エアコン1台で2部屋を冷やすにはサーキュレーター2台使い!効率的な使い方も解説

まずはエアコンを設置してある部屋をとりあえずガンガンに冷やします。大体18度位まで一気に冷やします。

冷たい風を引っ張るためにサーキュレーターを2台使用します。(1台でもOKですが早く冷やすため)

サーキュレーターは2台あるとなお涼しです♪

:1台はエアコンの下に置きます。

台所の換気扇は常に回すようにし、サーキュレーターで循環した熱い風は換気扇に送り込むように、風向きも工夫しましょう。

:2台目はエアコンを稼働させている部屋の入り口に置きます。

サーキュレーターを入り口に置く事で冷気をエアコンが効いている部屋から外へ出します、

サーキュレーターは扇風機と違い一定方向に送風するなのではなく

風が渦を巻いて流れるスパイラル気流になるので部屋の隅々まで届きます。

しかも小型で邪魔にならない。

風力も扇風機以上なので循環は速いです。

部屋が繋がっていて開放できればこの方法で3部屋でもイケます^^/

1台しかない場合はエアコンの真下に置いて循環させるといいですよ^^

 

エアコン1台で2部屋を冷やす!サーキュレーターの効果をより高くするアイテム

サーキュレーター2台でも冷気は全体に行き届きますが、小物で工夫すれば更に効率がアップしますので、出来るところだけでも試してみてくださいね。

サーキュレーターをフルに活かすアイテムたち

:窓には日除けのサンシェードまたはすだれを取り付けて直射日光の侵入を防ぎます。

:カーテンの場合は厚地でレースカーテンはuvカット機能のものにする。
:玄関ドアから熱風が入ってこないように外気遮断カーテンをつるす。
:エアコンの機能低下を防ぐためにこまめにフィルター掃除をする。
:部屋のラグを接触冷感タイプにする

エアコン1台で2部屋を冷やすにはサーキュレーター2台使い!効率的な使い方解説まとめ

サーキュレーターは夏だけでなく1年中使えるので持ってて損はないです。

換気に使ったり

梅雨時は部屋干し洗濯物を乾かしたり

冷房も暖房も循環させるので省エネになります。

サーキュレーター自体の電気代は扇風機と同じで1時間おおよそ0.5円です♪