2か所の襖を壁紙シートでリメイクして襖の木枠も合わせてリメイクしましたので書きますね。

賃貸だから襖は無理!とか思わなくて大丈夫ですよ。賃貸で壁紙が貼れない場合の襖を洋風にリメイクする方法も書きます。

いまでこそ思い切り貼ってしまってますが、入居したてのときはこんなに思い切ることができず、「原状回復」が頭にちらつくのですぐに回復できる状態でやってましたのでそのあたりは壁紙が貼れないおうちの参考にしていただけそうです。

襖とふすま枠を洋風に、リメイクシート壁紙を貼るdiy

一か所目は玄関入ってすぐ右側の部屋の襖から。玄関から丸見えの所なので力が入ります。

古いレンガ柄壁紙から最新のレンガ柄壁紙に、ふすまの枠も張り替え

先にビフォーアフターを。

襖壁紙diy

左側のレンガ柄壁紙はかなり古いです。当時は壁紙がレンガだなんて!と画期的でびっくりしたのを覚えてますが、比べてもわかる通り今のレンガ壁紙は立体感もあるし、一個一個のレンガの雰囲気が違うのでより本物に近い感じがします。まるで壁のように見えたのでここは取っ手をあえて隠しました。(ちょっとした隙間から開けられるw)

私は建替えまで住む予定なのでのり付きでがっつり貼ってしまったのですが、途中退去の予定があるかたは、「剥がせる壁紙」がおすすめです。

剥がせる壁紙は今の壁紙の上から貼れて剥がせるので、襖に貼っても剥がせるのです。おそらく付箋やマスキングテープ感覚ののり加減ですね。下にはがせる壁紙一覧を載せておきますのでお好みの柄をお選びください。

>>はがせる壁紙一覧

襖の枠にはアイボリーのマスキングテープを貼りました。すぐに剥がせるので気分で交換して楽しむのもいいですね。

団地は退去時に原状回復で返すことが原則なのですが、ふすまがボロボロに破れてしまったときなど、そのままでは気分悪いですよね。団地によっては管理会社が自分で張り替えOKしてくれるところもあるので、一応聞いてみてください。ダメだったら剥がせる壁紙シートで^^

リビングの入り口と押入れの襖と枠に壁紙を貼る

この団地、面白い造りでして、左側の襖はキッチンと廊下からの入り口となっており、右側の襖は半間分の押入れになっているのでその押入れの開け閉めの襖です。2枚それぞれ用途が違うんですw

今回は男前にしたくてこの古材調のシャビー感のある壁紙にしました!

ここで使ったのと同じ壁紙だよ~↓

壁紙の木目調がリアルにアンティークすぎてリビングの壁から男前インテリアに

いっそのこと壁も襖も同じ柄にして一面の壁に見えるように!とか思ったんです^^

すまに貼るときは襖のサイズより枠分2㎝くらい大きめにカットして地ベラでしっかり押さえてカッターで切ると綺麗な直線にカットされます。定規で代用してもいいんですけど、やはりヘラの方がズレないのでうまくカットできます。

 

ふすま枠はセリアのウォールラインステッカーのホワイト系の木目にしました。枠のサイズにちょうどよかったのと、後で剥がせること。壁紙にも白っぽい部分があるので決めました(欲を言えばツヤがあるのでツヤ消しっぽければと・)

 

そして、枠にぐるっと貼っていきました。こんな感じ。。(ほんとにサイズがぴったりでカットしなくて楽でした)

粗っぽいところもあるけどまあまあ満足です。

襖と襖枠をリメイク壁紙で洋風にdiy~原状回復には剥がせる壁紙でのまとめ

ふすまと壁を同じ壁紙にすると部屋に一体感が出て広く見えるし、天井も高く見えることに気づきました。

隣の壁はこうです。

 

この左側が先の襖2枚です。

えこ@参考になるかなぁ