コンクリート風呂の寒さで冬の入浴がつらい

いえ、コンクリートだけでなくタイル造りでもヒヤッとして寒いです。

冬場だけは3日に一度銭湯に行くって人もいますよ。銭湯も気分が変わっていいけど。。

やはり自宅風呂があるならお金がもったいないですね。

とはいえ泣きたいくらい震える寒さの風呂ではヒートショックの心配が出てきます。

泣きたいくらいはホントに。ならば解決法はひとつ!徹底的な防寒です。

私も試しに試して効果があったことや同じ団地の方がやっている対策を網羅しますよ~。

参考になれば嬉しいです♪

コンクリート造りの風呂場の防寒~まずはお金をかけずに出来ることからやってみましょう

古い団地はお風呂場に換気扇がないことが多いです。

そのため小窓もありますが、通年換気のための開きっぱなしのルーバー窓もあります。(うちの場合)

  • 窓という窓には断熱プチプチシートを貼る
  • ルーバー部分は換気の用途もあるので真冬まではこのまま(すきま風が寒すぎるときは同じぷちシートを両面テープで上だけ留める)
  • ルーバーが開きっぱなしなので小窓は基本閉めたままです。

このルーバーにも意味があって一酸化炭素中毒を防止する大事な役割があるんです。なのでやたら閉められないのです。

シートは頂き物の包みでも100均のでも大丈夫なのでお金はかからないでできます。

私は窓用に断熱シートを購入していたのでその余りを貼ってます^^


コンクリート造りタイル造り浴室の防寒対策|入浴前にできること

入浴前にできる防寒対策もあります。

浴槽のお湯はシャワーで溜める

シャワーで溜めると湯気の広がりが大きいので浴室全体が暖まります。

よく暖まったころにちょうど入れる量まで溜まるので時間の無駄もありません。

シャワーヘッドが跳ねないようにお気をつけください。

ふたをしないため冷めやすくなりますから少し熱めの湯温がいいですね。

脱衣所や着替える場所にはミニファンヒーターを置く

古い団地では脱衣所がありません。そんなときはお風呂の入るときに着替える場所(台所の隅っことかですかね)

着替えの前にミニファンヒーターをつけておくといいです。

電気ストーブは燃えるものがあると危険なので温風式のファンヒーターがいいですよ。ホントにミニミニくらいのサイズでも温かい温風が出るので狭い場所にはぴったりです。


 

おもちゃみたいに小さいけれど着替え時に使う機能としてはは充分です。

こうして湯気と温風のダブルでお風呂場を暖めればもう泣きたくなることはありません^^;

ちょっと手間はかかりますが、お風呂用にミニファンヒーターを常時置いておけばわざわざ移動しなくてすみます。台所が近ければ寒い日の炊事にお母さんも使えますから一石二鳥です♪

これで泣きたいくらいの寒さを我慢せず気持ちよくお風呂に入れますよ。あとは湯船でよ~く温まってくださいね♪

寒い風呂場を本格的に暖かくしたいときは壁かけヒーターを

ミニヒーターのコンセントの抜き差しとか面倒だし~という方へ

本格的に暖めるなら壁かけヒーターがベストですね。壁に固定なのでリモコン式でエアコンと同じような感覚で使えます


プラスドライバー1本で取付けできます。
ドライヤー代わりに使っちゃう人もいて「なんと便利な」です。

古団地の風呂場はコンクリート造りで冬は異常に寒い!徹底的に防寒対策して暖かくまとめ

コンクリートやタイルの壁、床の浴室は半端じゃなく寒いのでちょっとしたdiyでもかなり改善できます。

私がやってみたこと載せておきますね。お時間ありましたらどうぞご覧ください。

>>浴室床シート(マット)を置くだけ口コミ滑り止めヒートショック防止賃貸向け|すのことの違いは?

>>団地の風呂(浴室)床コンクリートは自分でリフォーム!バスナフローレシートで寒い浴室が暖かく

>>団地の風呂コンクリート壁を発泡塩ビパネルdiy

とにかく怖い「ヒートショック」だけには気をつけましょう。

自分では平気だと思っていても急に体調が悪くなるので防寒対策はしっかりするに越したことはないです。