小引き出しがたくさんで卓上にも置けるサイズの木製ミニチェスト。いただきものです。このチェストは「薬箱」らしいです。

文房具とかコスメボックスにしても便利そうですよね。

今回はこの木製ミニチェストを上の写真の右にある白いチェストに合うよう、北欧風に白くリメイクしましたので書いてみます。

小引き出し木製卓上チェストをdiyで白く100均セリアの取っ手に

取っ手を交換するためノコギリで切る

セリアでオシャレな取っ手を仕入れたので、交換するために今の取っ手をノコギリで切りました。一番小さい3つの引き出しはアクセントとしてそのまま残します。

表面がツルツルなので塗料が染み込むようヤスリがけ

地味な作業で無心になれます。

 

大きなチェストに合わせて艶消しのミルキーホワイト塗料で塗る

ミルキーホワイトのペンキ準備~ 艶消しです。

 

 

引き出しがくっつかないように交互に積み(引き出しに物入れたままってどんだけ横着なのか^^;)

陽のあたる窓際で塗ったので小一時間で乾きました。

セリアのアンティークな取っ手をつける

セリアの半月型アンティークな取っ手の出番です。

 

 

切り取った引き出しにすべてネジ留めして。

 

 

出来たーーーーっ。真ん中の取っ手は引き出しに対して大きかったですね(バランスが悪い( ^ω^)・・・)

diyで白くなった小引き出し木製卓上チェストを床に置いてみた

最初の写真にあるチェストとぴったり色が揃いました^^卓上サイズなので小さいけれど床に置いても違和感なし。

 

鏡を乗せてミニドレッサーにしてもよさげですね^^

気になったので調べたら薬箱がこういったタンス式なのは明治時代からみたいです。

小引き出し木製卓上チェストをdiyで白く100均セリアの取っ手にのまとめ

腰が上がるまで時間かかったけど、出来上がると嬉しいものです。

少ないお休みを利用してこれからまだまだリフォームは続きますのでまた遊びにいらしてくださいね。

>>100 均リメイクの記事一覧です。どーぞ^^