賃貸住まいでの床のリフォームはクッションフロアが一番お手軽ですね。クッションフロアの貼り方は両面テープが主になっていますが、賃貸でも両面テープを使って大丈夫なのか心配になりますね。

基本、大丈夫です!実際に貼ってみて一部剥がして確かめました。そして、クッションフロアの黒ずみの落とし方やへこみの直し方などもお話ししていきますので、ぜひ最後までよろしくお願いいたします。

賃貸のクッションフロアの貼り方両面テープで大丈夫?

はい。クッションフロアを貼るのは基本的に両面テープです!

両面テープですが、必ずクッションフロア用の両面テープを使いましょう。

いいのを見つけちゃいましたよ!剥がせる両面テープですよ♪剥がしたときにベタベタ残らないんです。

なので賃貸住宅向けです。原状回復問題なしです♪

以前のようにマスキングテープの上から両面テープを貼るなんて面倒な作業もいらなくなりました。いやぁ、進化してますね。

クッションフロアの貼り方|継ぎ目を綺麗にジョイントするコツ

これさえあれば上手く貼れちゃうクッションフロア貼り道具セット

別々に買うよりもお安く面倒がない人気のセットです♪

 

クッションフロアの継ぎ目を綺麗に貼るコツ

継ぎ目が大事です。

余白をとって2枚重ねて養生テープで固定し、重ねた部分をカットすれば綺麗ににジョイントします^^

(元の床を傷つけないように下に長いカッティングマットが必要です)硬めのボードでも代用できますよ。

壁紙と違って2枚重ねると結構厚みがあるので、一気にカットするのがコツです。

ココを一気にまっすぐカットしないとズレズレになってしまうので気合で力を入れて一気に!行くとうまくいきます^^

*文具用のカッターでは全然ダメなので、クッションフロア用のカッターがベストです。

*一気にいける長さの定規があればベストですが、ないので仕方なく2回に分けてになってしまった時は、慎重に合わせれば上手くいきます。

後処理は、つなぎ目の両方に当たるよう真ん中に

クッションフロア用粘着テープを貼って 上から押し付ければOKです。

↓こちらの動画が参考になります。

 

 

クッションフロアの黒ずみの原因と落とし方

 

クッションフロアの黒ずみの原因

クッションフロアがうっすら広がっている黒ずみ汚れ。気になりますよね。特に明るい色のクッションフロアではかなり目立ちます。

この黒ずみの正体は主に「皮脂」「カビ」そして、クッションフロア自体に塗ってあるワックス剥がれの部分についた汚れです。

カビはすぐに発見できるのですが、皮脂の汚れは毎日人が歩いて積み重なっていくものなので中々発見が難しいのですが、広がりやすいので見つけたら即掃除しましょう。

本当は毎日拭き掃除がベストなんですが、家事は他にもたくさん!忙しくてなかなか難しいですよね。

クッションフロアの黒ずみの落とし方(洗剤は逆効果)

クッションフロアが黒ずんでいるのでこれ以上ひどくならないよう洗剤は使わず素材に優しい原料のもので綺麗にする方法をお伝えしますね。

重曹を使った黒ずみの落とし方
  1. 簡単に掃き掃除と拭き掃除をしておきます。
  2. 掃除用の重曹(私100均で入手!)を用意して、適量よりやや濃いめに溶かしたお湯を準備します。
  3. それをスプレーボトルに入れて、黒ずみが気になるところにまんべんなく撒いて、しばらく待ちます。
  4. 5分ほどしたら、軽い汚れはかなり落ちやすくなっているので、一旦濡らした雑巾で吹き上げます。
  5. そのあと、まだしつこい黒ずみが残っているときは、ペースト状にした重曹で磨きます。重曹のペーストは重曹に少量の水を入れて、練るように混ぜたものです。イメージ的にはクレンザーのとろみの少し手前って感じです。いつも目分量なのですが、質感を見ながら少しずつ水を足していっています。
  6. そのペーストをスポンジで黒ずみに直接つけて、くるくる~と軽い力で磨きます。スポンジはよくある普通のウレタンのスポンジでもいいし、激落ちくんなどのケミカルスポンジでも構いません。ただし、床にワックスがかかっているとそのワックスまで剥がしてしまうこともあるので、心配な方は隅など目立たないところで試してからのほうがいいと思います。
  7. 最後に濡らした雑巾でペーストごとしっかりと拭き取れば完成です!
セスキを使った黒ずみの落とし方
  1. まず、軽度の黒ずみはセスキのフロアシート(ダイソーで入手!)を手に持ってゴシゴシ擦ります。
    セスキは皮脂汚れに効果的なので、日頃からマメに拭いていると黒ずみを防ぐこともできます。
  2. それでも落ちない中度の汚れは、これもダイソーで買ったセスキのスプレーをシュッシュっと振り掛けて、メラミンスポンジでゴシゴシ擦ります。
  3. もう無心になってひたすら擦りまくります。するとあら不思議、みるみるキレイになります。
ひどい黒ずみはオキシクリーンで落とす

それでも落ちない黒ずみは、恐らくカビとかなので、オキシクリーンを薄めたものを染み込ませた布で優しくトントンと叩くようにして汚れを取り
そのあとは水拭きすると、だいぶキレイになります。

白いクッションフロアはオキシクリーンを使うことができますが、色柄物の場合は
傷めてしまう可能性があるので、お気をつけくださいね!

賃貸のクッションフロアの貼り方(両面テープ)と黒ずみ落としの方法のまとめ

柄合わせが難しいクッションフロアは継ぎ目処理を丁寧にするだけでプロの仕上げのように見栄えが違います。よい仕事をするには「良い道具」大事ですね^^

 

クッションフロアの黒ずみ汚れですが、クッションフロアの内部に汚れが染み入ってしまっている場合は、残念ですが何をどうしても元通りにはなりませんので、そのときは同じクッションフロアで部分的に交換するか、全体を張り替えするしか方法がないです。

人の足の裏の皮脂は体のどの部分よりも汚れがひどいので、やはり毎日拭いておくのが一番の対策かもしれないですね。