カーテンをネイビーに、ふすまに古材調壁紙を貼ったら、

なんだかとっても気分が落ち着くのでまたまたやりましたよ~。

リビングで一番広い壁をショップ風壁紙にしました!

男前リビングインテリアは壁紙DIY|雑貨やカーテンの色も大事【実例】

リビングの壁はもともと白のモルタル壁で汚れ落としが非常に大変なので男前に加えて汚れがまったくと言っていいほど目立たないブラウンとグレー系の木目調壁紙に変えてしまいました^^

汚れが目立たないって、面倒くさがりの私にはラッキー過ぎです!

男前インテリアDIYリビングの壁紙を貼る

※残念ながらこの壁紙を購入したお店は2021.4月に閉店しました。

 

古材風なのでヴィンテージ感満喫できそう。

 

まだ途中ですが・・・とってもオシャレになりましたよ。全体的に暗めな分落ち着ける場所にもなります。

 

グリーンも這わせてみました。

この壁紙の魅力

この木目壁紙は縦横模様で太さもそれぞれ違うので多少貼り合せがうまくいかなくても目立たないところがずぼらな私には非常にラッキーでした!

メリットはまだあります。なぜか天井が高く見えるんです。

そして何より汚れが目立たない。これ重要です。ときどき掃除機でほこりを吸えばいいかな~くらい^^もちろん水ぶきも可能ですよ。

ところどころの横木や木の年輪模様もいい味出してて団地の部屋の中とは思えないです。

 

木目と木目の間もほんとの木材を張り合わせたようで、触った感触は少しザラっとしてるのも本物感たっぷりです。

 

今家の中で一番のお気に入り壁紙です。ただし同じ部屋で全部の壁にはうるさいので

アクセント的に一面に貼るのがおすすめです。

*我が家はほんとにボロなので、そしておそらく建て直しの時期が来てこの団地が壊れるまで住むと決めたので、のり付きでがっつり貼ってしまいましたが。。

 

賃貸で制限があるお宅は、のりなし壁紙を買ってマスキングテープ+両面テープ

下地が木材であれば、タッカーを使って貼るといいですね。。

男前リビングdiyはふすまにも壁紙を

ちょうどふすま2枚分くらい余ったので私も勢い余って、ふすま張替えちゃいました。。

原状回復が必要なかたはマステ+壁紙 または お気に入りの布を買ってきて鋲で留めるとかにすると楽しめますね♪

木目調がリアルにアンティークな壁紙に一目ぼれ!男前インテリアにハマる。上部の青っぽいところは体に優しいバターミルクペイントで塗ってます。ミルクが原料なので嫌なにおいもないしお気に入りペイントです。ミニサイズでも畳半畳分くらいなら塗れますよ^^

 

男前インテリアにお似合いの雑貨は

カーテンがネイビーやグレーやブラックが男前インテリアの定番かと思います。壁紙もコンクリートっぽいのとか古材みたいな感じだとおもうので、雑貨はビビットなカラーで部屋にインパクトを与えるのもテンション上がりますよね。

私は基本このリビングの雑貨はグリーンと赤って決めてます。赤って部屋にひとつあるだけで結構インパクト出してくれるんですよね。

アンティークショップで買った車の貯金箱です。小さいけど良いアクセントになってくれて目立つんです。

 

 

アンティークショップに行くとヴィンテージアメリカン雑貨とか素敵なものたくさんあるので、ぜひ足を運んでみてください。楽しいですよ♪