冬のお風呂場は本当にさむいですよね。どうかヒートショックや風邪にはお気をつけください。

うちもコンクリート造りの団地なので、真冬のお風呂場は異常な寒さなんです。

古い木造住宅やアパートにお住まいの方もきっと寒いでしょう。

この記事では主に古い戸建ての家や賃貸住宅のお風呂の寒さ対策をお伝えします。

  • 浴室外側の寒さ対策
  • 浴室内の寒さ対策
  • 脱衣所の寒さ対策

上記の3点について私自身もしている対策を書きますので参考にしてみてください。

脱衣所用ミニヒーター一覧をamazonで見る

お風呂場が寒い賃貸住宅でヒーターは使える?寒さ対策グッズで暖かく入浴しよう!

お風呂場の寒さは造りによっては外側も防寒対策が必要です。

内外から冷気や隙間風を防げばかなり寒さは軽減されます。

浴室外側の寒さ対策

まずは我が家の団地の風呂の窓からお話ししますね。(当てはまらない方はすみません)

↓外側はこのような形態です。

バランス釜なので外に吸排気筒が出ています。

その右側はステンレスのルーバーになっていて、閉まるわけではないので年中開いたままで冬は冷たい風が浴室に入りっぱなしで凄く寒いんです。

 

換気用の隙間なので閉めるわけにもいかず、どうしたものかと考えた末に夕方から朝までは両面テープでミニカーテンを吊るして外気が入らないようにしてます。

 

湯気が当たるので布ではダメでシャワーカーテンのようなビニール素材のものです。

プチプチ(気泡緩和材)でも大丈夫です。

ただ、朝外すのを忘れて換気できなくなったことも度々あるので、今他に良い方法を考えているところです:(;゙゚”ω゚”):

しかもトイレの入り口も一緒でトイレには換気扇もないし窓みたいなガラスは明かり取りのようで「開かずの窓」です。

 

下半分の窓は縦に半分空くので(内外に遮熱防寒専用のプチプチ貼ってます)換気はその下の窓だけで、ルーバーはアクリル板でも貼り付けてしまおうかな・・

けど下の半開き窓では換気は足りなそうなので、考えちゃいますね。

 

良い方法が見つかったらまた追記します。

とりあえずはプチプチかなぁ。。

テープで付けられてサイズに合わせてカットもできる簡易ブラインド見つけちゃいました♪

朝忘れないように。。このルーバーさえ閉じてしまえば外気は防げるので寒さはかなり違ってきます。

浴室内の寒さ対策

浴室内はまず、冷たい寒い要素となる壁と床を暖かくすることです。

特にタイルやコンクリートは冷え冷えですから対策したほうがよいです。

 

diyでコンクリート壁と床をリフォームした内容と風呂床シートを載せておきますね。

団地の風呂コンクリート壁を発泡塩ビパネルdiy

風呂コンクリート床diyでリメイク!

浴室床シート(マット)を置くだけ賃貸向けでおすすめ

そして、入浴直前にしていただきたいことです。

少なくともヒートショックは防げます♪

入浴直前には、シャワーを熱めの温度でお風呂場全体にかけます(水道代とガス代はもったいないですが危険防止です)熱湯に近い温度が望ましいですが、やけどしたらいけないので適度な熱さのシャワーで壁と床にまんべんなくかけて、湯気で周りが白くなったら即入る。で最初のヒヤっと感がなくなります^^

 

窓は内側からもプチプチの防寒シートです。水だけで貼れるので簡単です。結露も同時に防いでくれます。

脱衣所の寒さ対策

脱衣所で着替えるときもヒートショックの危険が伴います。

お風呂はフタを開けておけば若干湯気で暖まるけれど、脱衣所で服を脱ぐときが一番寒いですよね。

脱衣所(台所からいきなり風呂場とか脱衣所がない場所でも)ミニヒーターを置くだけで全然寒さが違いますよ!今は小さくてもパワーのある温風が出るヒーターがたくさんありますから、ぜひ使ってください。

うちは部屋でも使っているセラミックヒーターを持ち込んでます。軽いので持ち運びも楽々ですし、もはや着替えとセット状態なんですよ^^

着替え用だけに置いたままにしておきたい方には値段も安いミニヒーターがおすすめです。
電気ストーブ式は燃えるものがあると火災の心配が出てきますので、安全な温風式のほうがいいですよ♪


お風呂場が寒い賃貸住宅ではヒーターや寒さ対策グッズで安全に入浴しよう!まとめ

ヒートショックから体を守るためには、温風ヒーターと浴室内をお湯であたためる。これは最低限したほうがいいですね。シャワーしかない方、または冬も面倒だからシャワーだけ。という方も壁や床をまんべんなく温めてから浴びてくださいね。。