団地やアパートのポストは屋外にあるので、誰でも開けることができます。なので、鍵がないまま使っていると、来るはずの郵便が来ない!という被害をよく聞きます。

特に国や自治体から来る大事な書類が届かないと困るし、盗難だとしたら・・・大事な個人情報が駄々洩れ状態ですね。

そんなこと全然気にしないよ~鍵は面倒!!って方は心配ないですが、面倒でないなら

鍵はつけた方が良いです。しかもダイヤル式の方が良いです!

集合住宅の屋外ポストの鍵はダイヤル式がいい理由

集合住宅の屋外ポストは、子供が遊んでいて開けてしまったりのおふざけから、ポスト荒らしの悪質なものまでいろいろです。

恐いのは悪質なもので、個人情報目当てだったり、ひどいときはご近所さんが故意に開けてることもあります。大きな被害になる前に対策をしましょう。

鍵は南京錠よりダイヤル式がおすすめです。

南京錠は針金のようなものを使って割と簡単に開けられてしまいます。また、自分で開けるので鍵を持ち歩かなければならないので、なくしたら開かなくなります。

こういった理由で「ダイヤル式」の方が防犯上は優れています。ただし、番号を忘れたときのためにどこかにメモしておきましょう。

集合ポストの表札(名札)は必要?

はい。どちらかと言えば「必要」ですね。

どうしても知られたくないなら仕方ないのですが、郵便配達の人が迷ってしまうことがあるから付けておいたほうがよいのです。

慣れてる配達員なら見なくても入れられるのですが、配達員が新人さんだったり、入れ替わったりしたときのために付けておいたほうが良いですね。

そのまま漢字で表示するのが嫌だったら、苗字をローマ字に変えて差し込むと漢字よりはパッと見わかりずらいのでよいかと思います。私もそうしています。

集合住宅の屋外ポストに鍵と表札はつけたほうがいい?郵便防犯防止対策を解説まとめ

万が一ですが、ポスト近辺をウロウロしている不審者を見かけたら、「防犯カメラ作動中」をダミーで貼っておいて、ダミーのカメラを置いておくのもおすすめです。

この程度なら管理会社に確認は必要ないかと思いますが、同じ位置のポストを使用しているご近所さんと話し合って決めてください。いきなり付いてたらびっくりしちゃいますからね^^