トキワ荘といえば、昭和の大漫画家の聖地」豊島区のアパートを思い出しますね。

手塚治虫藤子不二雄石ノ森章太郎赤塚不二夫ら名だたる著名な漫画家が居住していました。

そのトキワ荘が復活~~~っ!

復活というか、新しい漫画家の聖地になるかもしれない団地が出来たんです。

多摩トキワ荘団地はトキワ荘プロジェクトの中で最も規模が大きく現在は38部屋満室です。

この記事ではトキワ荘団地入居希望の漫画家さん志望の方向けに詳細をお伝えします。

多摩トキワ荘団地東京都日野市多摩平|漫画家志望の方必見シェアハウスの全貌

管理人は、ごく近所に住んでいるためよくこの団地の前を通るのですが、2011年にボロボロの団地から、新築の高層団地へと建て直しされたんですよね。

団地の周り自体が「多摩平の森」と名付けられて、緑豊かな黒川清流公園あり、近所に図書館あり、美味しいパン屋さんも開店し、「イオンモール多摩平の森」もあって団地といえどとても住みやすい環境なんです。

多摩トキワ荘団地も中庭にオープンスペースがあったり、畑があったり湧き水が出る公園があったりと、同じ志を抱く者同士ときにはお喋りを楽しんだりと緑豊かで芸術家にふさわしい場所です。

多摩トキワ荘団地の公式ページ

この団地の38室を漫画家志望の方に貸していて、現在は満室ですが、プロの漫画家になって退居していく方も出てくるので、希望の方は申し込みだけでも速めにしておくことをおススメします。

空室があれば入居可能
一次審査は入居希望時期のおよそ3か月前

やはり住まいなので審査があるんです。

まずは入居申し込みフォームから送っておいてください

多摩平だけでなく都内に他8か所ありますが、男女ともにOKで部屋数が多いのが「多摩平」ですので地域を気にしないのであればチェックしておくといいですよ。

ランドリー料金無料は今のところ多摩平のみです。助かりますよね

トキワ荘団地の入居審査(一次審査・二次審査)

まずは最低限の条件からです。

一番重要なのは、現在漫画制作をしていてプロ漫画家を本気で目指している人

本気度が大事です。

  • 18才以上(20代以下は親の同意書が必要)35歳まで
  • 申込の時点で漫画制作に取り組んでいる
  • 本気でプロを目指している
  • すでにデビューしていても軌道に乗るまでは入居可
  • すでに漫画を描いていて本気でプロを目指している→ここが一番重要

*これから漫画を描きたい、漫画描いてみようかな~というぼんやり考えの人は入居できないそうです。

 

 

一次審査(書類審査・オンライン面接)

エントリーシートと作品データを提出する。

一次審査通過者のみオンライン面接案内が送られてきます。

オンライン面接

今後の成長の見込みと家賃他費用が払えるかどうか、共同生活が健全になされるかどうかの適性(キッチンやトイレシャワールーム、ランドリーは共同のため)

*通過者には5営業日以内に連絡が来ます。

二次審査は団地の見学と面談

現地で直接部屋の見学および生活ルールの説明、簡単な面談があります。

見学しているところもしっかり見られてると思いますので受け答えはハキハキとしたほうが良いですよ^^

*通過者には5営業日以内に連絡が来ます。

入居時にかかる費用とルール

契約することに決めたら見学後3週間以内に振込で支払います。

  • 契約月の日割計算した家賃
  • 入居金5万円
  • 敷金3万円
  • 契約日が各月20日以降の場合は翌月分の家賃も同時に支払う

 

入居後に守るルール

当然といえば当然ですが。

共同生活を支障なく営む

家賃・管理費等の諸費用をきちんと支払う、ルールを守る

トキワ荘団地東京都日野市多摩平|漫画家志望の方必見シェアハウスまとめ

普通のシェアハウスとの決定的な違いは、同じ漫画家を志す人だけの共同生活ってところですね。

話すことも共通だし、モチベーションアップにも繋がります。

本気で漫画家を目指す人にとっては、これ以上ない住環境ではないでしょうか。