100均リメイクシートはお手軽、安い、簡単で模様替えには大人気なアイテムなのですが、引っ越しで退去する際は現状回復のために、壁や床や天井のリメイクシートは綺麗に剥がさなければいけません。

キレイに剥がせる方法はありますので心配はいらないですよ♪

貼った場所の元素材によっても剥がし方が変わってきますので、素材別にお伝えしますね。

100均 リメイクシートの剥がし方|元素材によって違いますのでご注意

色々な素材に貼れるのも100均リメイクシートの良さなので、貼るときは勢いで楽しくなってしまってあちこち貼ってしまいますよね。その分元の状態に戻すのに時間がかかりますが根気よく剥がしていきましょう。

焦ると素材を傷つけてしまって本末転倒になりますのでご注意ください。

素材が木材の場合の100均リメイクシートの剥がし方(ドア・壁・床・天井など)

ドライヤーで少し温めてから剥がします。

シート自体を温め過ぎるとシートが溶けて余計に剥がしづらくなるので、剥がしながら接着剤の付いてる面に温風をあてて溶かすようにゆっくり剥がしていく方がキレイに剥がれます。

粘着力が意外と強力なので、どうしても接着剤が残ります。その場は、ハンドタオルを温めてから素材を傷つけないよう気をつけてスクレーパーで削ぎ落としてください。

接着剤が強力な分、直ぐに固まってしまうのでタオルは結構熱めにレンジなどで温めてしっかり蒸らし、完全に接着剤を溶かさないと汚くなってしまったので火傷に気を付けてかつ迅速に作業する必要があります。

素材の木材がつるつるしているものでしたら、ざらつきのある木材より剥がしやすいので、100均のシール剥がしスプレーをまんべんなく塗って5分放置後に剥がし、少しづつ粘着のりをスクレーパーなどで取り除いてください。

つるつるはニス塗りしてるものですので、ニスが一緒に剥がれないように気をつけてくださいね。

 

素材がプラスチックの場合の100均リメイクシートの剥がし方(風呂の折り戸など)

ヘンケルジャパンLOCTITE(ロックタイト) 両面テープはがしのシールはがしスプレータイプが有効です。下地が傷みにくく広範囲で剥がせます。

まず少しでもはがせる場所を見つけて、少しずつはがしてみます。そこから、スプレーを噴射して10分から15分ほど放置します。

粘着部分がヌメヌメになっていきますのでできるところまで剥がしていきます。これの繰り返しです。カッターやスクレーパーなどがあると作業が楽です。少し手荒れの恐れがありますので、気を付けてください。

ロックタイトの粘着剥がしはガラスや壁のノリ残りのべたつきに最適ですが、結構強い成分なので換気をしながら使用してください。

皮革や高級品には使わないでください。

素材が鉄の場合の100均リメイクシートの剥がし方(玄関ドアなど)

ダイソーのシール剥がしがおすすめで、リモネンという柑橘類の成分含まれており、これが粘着剤を溶かすことでシールはがしやすくなります。

スプレーしてみればオレンジの香りがしてきますので気分が悪くならずに使えます。スプレー後は5分ほど放置してから少しずつ剥がしてください。

この商品が使えない素材は、皮革やプラスチックです。

100均 リメイクシートの剥がし方|賃貸住宅の原状回復が心配な方へのまとめ

年数が経つほど粘着度が高まって剥がすのが大変になりますが、根気よく時間をかけて剥がしてください。まずは端っこの一部分で試してから剥がすことをおすすめします。

焦らなければキレイに剥がせて原状回復できますのであまり神経質にならずに頑張ってください♪

スクレーパーは貼るときも剥がすときも1つあると本当に便利ですので用意してくださいね^^